2018年7月03日

ここ最近、相続税の申告のご依頼が立て続けに来ています。相続が発生した場合、被相続人や相続人の想いを実現させる遺産分割をすることが大切なのは言うまでもないですが、被相続人の築き上げた財産を、いかに減らさずに次世代に引き継ぐというのも重要な考え方であり、相続人のみなさまが希望する場合は、二次相続、三次相続を考慮したシミュレーションを行い、遺産分割に対しての税務的なアドバイスを行います。

もちろん、遺産分割をどうするかを最終的に決めるのは相続人のみなさまですので、あくまで客観的なアドバイスしかしませんが、大抵の場合、相続人のみなさまが考えていたのと違う遺産分割方法が、税負担を減らし、財産を残すという観点からは有利になる場合が多く、感謝されるケースが多いです。

コンサルティングというと相続が発生する前にするものという考え方を持っている人も多いですが、二次相続、三次相続を考えた遺産分割を考えるというのも非常に重要です。特に、配偶者に全財産を相続させて、今回の相続では相続税をゼロにするという安易な考えだと、二次相続まで含めると大抵の場合で税負担が多くなります。

被相続人の築き上げた財産をなるべく多く残すために、相続発生後のコンサルティングもぜひご活用ください。