2019年4月05日

4月3日付で国税庁より「改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた」が公表されました。

本年5月1日に予定されている「平成」から「令和」への改元に伴う、納付書の記載方法が明確となりましたが、令和1年を平成31年と記載しても有効になる旨が明確になりました。

http://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/kaigennitomonau/pdf/001.pdf