所得税及び復興特別所得税の予定納税(第1期分)について

2024.06.24

所得税及び復興特別所得税の予定納税は、前年分の所得金額や税額などを基に計算した予定納税基準額が15万円以上となる場合には、
原則、この予定納税基準額の3分の1相当額をそれぞれ7月(第1期分)と11月(第2期分)に納めることとなっています。

所得税及び復興特別所得税の予定納税納期(第1期分)
1.振替納税ご利用の方 令和6年9月30日引落
2.振替納税ご利用ではない方 令和6年7月1日~9月30日

予定納税が必要な方には、6月中旬に税務署から「令和6年分所得税及び復興特別所得税の予定納税額の通知書」が送付されています。
この通知書に記載された「第1期分」の金額が納税する額です。
なお、第1期分の金額は、定額減税額に相当する金額(予定納税特別控除額)(3万円)を差し引いた金額となります。


【予定納税額の納付方法】
〇金融機関又は所轄税務署での窓口納付
〇振替納税
〇その他キャッシュレス
・ダイレクト納付(e-Taxによる口座振替)
・インターネットバンキング等を利用した電子納税
・クレジットカード納付(※1)
・スマホアプリ納付(※2)
※1 クレジットカード納付は決済手数料がかかります。
※2 スマホアプリ納付は納付金額30万円以下に限ります。



【減額申請書】
廃業、休業又は業況不振などの理由で、令和6年6月30日の現況による
令和6年分の「申告納税見積額(年間所得や所得控除などを見積もって計算した税額)」が
税務署から通知されている「予定納税基準額」よりも少なくなると見込まれる場合のほか、
予定納税額から同一生計配偶者や扶養親族(いずれも居住者に限ります。)1人につき3万円の定額減税額を差し引く場合等は、
予定納税額の減額申請をすることができます。
第1期分の予定納税額の減額申請をする場合は、令和6年7月31日(水)までに「予定納税額の減額申請書」に
必要事項を記載し、所轄の税務署に提出してください。
「予定納税額の減額申請書」
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/02.htm

(国税庁) 所得税及び復興特別所得税の予定納税(第1期分)の納税をお忘れなく
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/campaign/r6/Jul/02.htm

(国税庁) 令和6年分 予定納税について
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/pdf/2040_01.pdf


STCグループは、法人の税務会計業務、個人の確定申告業務だけでなく、国際税務コンサルティング、相続・事業承継コンサルティング、M&Aコンサルティングなど幅広くサービスを提供させていただいております。

Related links 関連リンク

freee
すらすら図解国際税務のしくみ
OneAsia
沖縄M&Aサポート
あんしん相続サポートオフィス