2018年4月21日

4月16日付で国税庁より「補聴器の購入費用に係る医療費控除の取扱いについて」が公表されました。

一般社団法人耳鼻咽喉科学会が認定した補聴器相談医が、「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」により、補聴器が診療等のために直接必要である旨を証明している場合には、当該補聴器の購入費用(一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額に限ります。)は、医療費控除の対象になります。

http://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/180416/index.htm